西東京市の工務店 松本工務店

header.phpブログ

気になる結露の季節、リフォームで対策を!

みなさんこんにちは、建築家の松本勲です。

寒くなって家の中で暖房を使用するようになると、「結露」が発生するお住まいは多いのではないでしょうか?
少し詳しくご説明すると、「結露」には2通りあります。
冬の暖房で室内の窓ガラスが濡れるのは「表面結露」です。湿った暖かい空気が冷たい壁や天井などに触れて露を結ぶ現象で、これを防ぐには高性能の断熱材で壁面などの温度を下げないことがポイントになります。
また、「内部結露」は同じく湿った室内の空気が壁体内部に浸透して露を結ぶもので、構造材を劣化させる原因になるため、断熱性と防湿性を兼ね備えた断熱材の使用が必要になります。

この「結露」を防ぐために有効なのは、まず住まい全体の断熱化。
壁や天井だけでなく窓を含めて断熱化することで、室内温度の低下を防ぎます。
また、発生した水蒸気を外に出すためには、計画的な換気をおすすめします。
浴室換気扇を活用したり、炊事時にはレンジフードを活用することも欠かせません。

さて、そんな対策のお役に立てるよう、
現在期間限定でお得な特典をご用意したキャンペーンを実施しています。

キャンペーンは11月末まで!
下記で詳細をご確認いただき、ぜひこの機会にご検討ください。

https://m-koumuten.jp/info/

新築・リフォーム・耐震改修など
ご相談をお待ちしております。

042-461-3603
資料請求・お問い合わせ