西東京市の工務店 松本工務店

header.phpブログ

冬に注意!「ヒートショック」の予防方法

みなさんこんにちは、建築家の松本勲です。

みなさんは「ヒートショック」という言葉を耳にしたことはありませんか?
「ヒートショック」とは、周りの温度環境が急激に変化することで身体にダメージを受けること。
実はヒートショックが原因で亡くなっている人は、なんと年間約1万4千人!
意外と身近で恐ろしいものなのです。

では、どんな時に周りの温度環境が急激に変化するのでしょうか。
ヒートショックが起こる場所として圧倒的に多いのが「浴室」です。
暖かいリビングから、脱衣所でお風呂に入るために服を脱ぎ、暖房の効いていない浴室へ。
このとき身体はかなり冷えきっているので、
熱を逃さないようにするため血管は極限まで縮んでおり、血圧は普段より高くなっています。
そこから湯船に浸かると、今まで熱を逃さないようにぎゅっと縮んでいた血管が急激に広がります。
血管が急激に広がると、血圧も急激に下がります。
さらに、入浴が終わって脱衣所に出たときにも、
熱いところから寒いところへ移動したことで、血圧はまた急上昇するのです。

血圧の急激な上下がある度に、心臓にはかなりの負担がかかっています。
そのため、脳卒中や心筋梗塞といった、死に直結するような症状が起こりやすくなるのです。

では、この恐ろしいヒートショックを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。
まず一つ解決策としては、脱衣所や浴室、廊下、トイレなどの温度差を小さくすることです。
脱衣所が寒い場合は、入浴前に暖房設備で暖めること。
また、入浴前に浴槽の蓋を外して湯気を出すなど、浴室内を少しでも温めてから入ること。
温かい部屋から廊下やトイレに移動するときには、上着を着るだけでも違います。

松本工務店は、「寒い浴室」をリフォームで安心な空間にするお手伝いもしています。
機密性能の高い、暖気の逃げない空間づくり、
冷たさを感じない浴室の床や、浴室暖房などを備えた浴室。
それぞれのお住まい環境に合わせてプランいたしますので、
お風呂の環境が気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

新築・リフォーム・耐震改修など
ご相談をお待ちしております。

042-461-3603
資料請求・お問い合わせ