西東京市の工務店 松本工務店

header.phpブログ

マンションのキッチンリフォーム

みなさんこんにちは、建築家の松本勲です。
先日、築23年のマンションのリフォームを行いましたので
今回はそのご紹介をさせていただきます。

今回はお施主様が住みながらのリフォームでしたので、なるべく短期間で工事が終わるように各業者に予定を伝え、キッチンリフォーム、リビングダイニング、トイレ、廊下などの壁紙張替え工事、畳の張替え、襖、障子、網戸の張替えなど工事初日から2週間で完了するように予定を組み、工事を終わらせました。
キッチン交換工事には、水道設備業者、東京ガス、電気業者など多くの業者が工事をしますので、時間をずらして各業者が工事できるよう工程を組んで進めました。

工事の中で一番苦労したところは、キッチンの給排水の配管工事です。
最近のキッチンは、リフォーム工事のことも考えてキッチン背面に配管スペースがあるのですが、今回のマンションでは既存の配管が現行の規格に合わないため、キッチン取付業者と相談しながら配管工事を行いました。

最初の写真は、既存の23年前のサンウェーブ製キッチンと配管。
今回、新規に取り付けたキッチンはLIXIL製リシェルSIです。
キッチンを決めるにあたって比較したメーカーは、タカラスタンダード、クリナップ、LIXILの3社で、
お施主様が収納の良さを重視したこともあり、LIXILに決まりました。

コロナ対策も考え、浄水器付きタッチレス水栓 ナビッシュ(浄水器き)を選び、その他深型食洗器、ガスコンロ(リンナイ製)と連動して動く換気扇などを取り付けました。
工事初日から5日目まではキッチンでの料理は出来ませんでしたが、6日目からはキッチンでの料理が出来るようになり、お客様のお弁当生活が短くて済んだので一安心でした。

キッチン取り付け後、壁紙の張替えなどを行い、クリーニングをして引き渡し。
LIXILのキッチンには満足していただけたようです。
住みながらのリフォーム工事は大変ですが、お施主様に喜んで頂けるのが何よりうれしいことです。

新築・リフォーム・耐震改修など
ご相談をお待ちしております。

042-461-3603
資料請求・お問い合わせ