西東京市の工務店 松本工務店

header.phpブログ

修理か、交換か? トイレのお話

みなさんこんにちは、建築家の松本勲です。
今回はトイレのことについてお話ししたいと思います。

みなさんは自宅のトイレを選ぶときに、どのような基準で選んでいますか?

TOTO、LIXIL(旧INAX)、パナソニック、その他いろいろなメーカーがあり、
何を基準に選ぶか迷ってしまうと思います。
各メーカー、トイレに対する考え方に少し違いがあり、造りも違っています。
メーカーにより便座の座り心地は結構違いますので、
トイレが急に壊れて新しくする場合に違うメーカーを選ぶと、
なれるまでに少し時間がかかるかもしれません。

松本工務店ではトイレを交換するときは、座り心地が変わらないよう
今まで取り付いていたトイレと同じメーカーの物をお勧めしています。

先日、弊社が20年前の新築時に取り付けたトイレで
ウォシュレットからの水漏れの故障が見つかり、節水型のトイレに交換工事を行いました。

ウォシュレットだけの交換という選択肢もありましたが、20年前と最新式のトイレでは一回に使用する水の量が半分以下になるというお話をして、お施主様に選んで頂き最新の節水タイプのトイレを取り付けました。
20年前のトイレでは一回使用するたびに13リットルの水を流しますが、
最新タイプでは5リットルほどになっています。
もっと少なくてすむタイプの便器もありますので、トイレ交換の際は検討してみてください。
こちらの写真は交換後で、ウォシュレットはリモコン操作になります。

ちょっと余談にはなりますが、LIXILの担当者と話をしていた時に
LIXILの社員内で人気にあるトイレ機器の話題になりました。
トイレの壊れる箇所で一番多いのはウォシュレット(LIXILの場合はシャワートイレという名称で呼ばれています)などの機能部分が比較的多いようです。
症状で言えば、ウォシュレットから水が漏れる、ウォシュレットが機能しないなど・・・。

LIXIL社員内で人気のあるトイレは「アステオ」という商品だそうです。
人気の理由は故障が少ないから。
毎日使うものですから、故障はないほうがいいですよね。

そんなメーカー様の情報も積極的に仕入れて、
お客様へのご提案に役立てていきたいと思います。

新築・リフォーム・耐震改修など
ご相談をお待ちしております。

042-461-3603
資料請求・お問い合わせ