安心の耐震改修

助成金の活用もご検討いただけます

resistant_01現在、各自治体で、耐震改修、耐震診断に助成金が出ています。
当社では、耐震診断、補強計画、助成金申請から施工まで、一貫して行っています。

地震による家屋の倒壊は、ご自身に危険を及ぼすだけでなく、大切な家族にも危険が及びます。

他社施工物件でも問題ありません。現在のお住まいに不安を抱いているようなら、まずはお気軽にご相談下さい。

耐震改修の流れ

resistant_02耐震調査

現場調査、筋交い(地震に対する斜めに入った木材)の有無、コンクリート基礎の調査、壁材の調査を行います。

写真は、天井上(小屋裏など)に入り、筋違の有無や壁材を調べているところです。

resistant_03耐震診断

調べた情報を診断専門のソフト、HOUSE-DOC(日本建築防災協会木造住宅診断プログラム)に入力し、建物がどのくらいの地震に対する強度があるかを診断します。

診断結果をもとに、強度が不足している場合は補強計画を作成し、お客様と相談しながら決定します。

地震に対する強度は評点で表し、1.0以下になると倒壊の危険性があると判断します。耐震改修は1.0以上を目標に計画します。

resistant_04耐震改修

家を改修工事する際は、リフォームと同様お客様が住みながらの工事となるため、お客様の精神的負担が大きくなります。

補強計画の際には、なるべく押入などの普段の生活に支障をきたさないような場所を補強するように計画します。

補強工事代の見積を提出し、納得いただいてから契約、工事に入ります。

契約後、助成金の申請などの手続きに入り、役所からの許可が下りてから工事に入ります。

工事場所は家族の方が生活しているため、1、2箇所ずつ行っていきますので、工事期間は1ヶ月~1ヶ月半くらいになります。